業務用生ゴミ処理機「エコライズ」 業務用生ゴミ処理機の購入は決して安い買い物ではございません。いくつもの生ゴミ処理機を探し吟味した上で決定して頂ければと思います。
                 
Menu
TOPPAGE
生ゴミ処理機について
生ゴミ処理機徹底比較

「エコライズ」について
環境管理システム
匂いについて
安全について
ランニングコストについて
使い方について
スペック

「エコライズ」レポート
「エコライズ」Q&A

会社案内
お問い合わせ
価格
お見積り

運営:
株式会社ケイ・アイ・ディ
TEL:0548-27-2719
FAX:0548-25-2178
〒421-0407 静岡県牧之原市布引原455-1
なぜ業務用生ゴミ処理機「エコライズ」についての疑問。


企業様では何十年に一度導入するかどうかというのが業務用生ごみ処理機です。慎重になられるお客様がご心配なのは以下のような点ではないでしょうか。
業務用生ゴミ処理機「エコライズ」の構造について
独自開発のCPUが、温度センサー・水分検知センサーからの見地信号を細かくチェックし、微生物にとって最適な温度と湿度を保持、効率よく生ごみを処理します。

各センサーの微妙でかつ安定した温度・湿度の設定、電子回路の安定した品質は、過去に培ってきた電子制御技術の蓄積があってこそ。見かけはそっけないほどシンプルなデザインになっていますが、内部はテクノロジーの結晶とでもいえる精密さです。(故障がないよう、内部は見られないように保護されています。)
業務用生ゴミ処理機「エコライズ」のコストパフォーマンスについて
それでも私たちが「エコライズ」をおすすめする理由は、業界最高水準の処理能力(残存率約2%〜5%)に支えられたコストパフォーマンスです。

そもそも手間を最小限にするためには、残存物を最小限におさえる必要があります。消滅式の「エコライズ」は残存率わずか約2%〜5%。同じくバイオを利用する堆肥化方式で10%、乾燥式で20%の中、「エコライズ」は業界最高水準の2%を可能にしました。

また、同じ消滅式の製品に比べても「エコライズ」ほどの効率よい処理を行うには、通常「エコライズ」の倍以上の容量、手間を必要とします。
通常の商品より高額になっているのは、手間(およびそのコスト)を抑えることに徹底してこだわった内部構造(※)のためです。

※残存率やにおいを抑えるために開発された温度センサー・水分検知センサーなど。システムの詳細はこちらからどうぞ。



←前「エコライズ」が選ばれる理由
 
 

Copyright(C) Gyoumuyou namagomi shoriki hanbai center. All Rights Reserved.